弁護士野条健人の交通事故ノート

交通事故の被害者に役立つ情報を発信していきます!!

後遺障害知識編 神経症状における後遺障害の異議申立書について

  
  こんにちは!かがりび綜合代表弁護士の野条です!!

本日は、神経症状における後遺障害の異議申立書についてです。

  これまで、むちうち傷害で後遺障害が認定されるための問題や、むちうち損傷で後遺障害等級を獲得する、といったように、神経症状における後遺障害についてはいくつもテーマで取り扱ってきました!!

 
kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


この最後の事例は非常に参考になる事例だと思います!!この最後の事例は、後遺障害が出なければ休業損害も出さないと保険会社の担当者が述べており、理由不明どころか支払われる金額も85万円程でしたが、後遺障害がみとめられるといなや、最終的には400万円が総額で支払われるというケースでした。このように後遺障害が認定されるかどうかで被害者の補償金額が大きく変わってくるということになります!!


以下では、神経症状における後遺障害の異議申立書について、被害者の皆さんにお役に立てるように当職としてこのようにした方がよいのではないかということを述べていきます!

www.giroj.or.jp


1 まず、再度後遺障害診断書の内容をきちんと主張する。

  後遺障害診断書の内容は、非常に重要です。自賠責調査事務所に本件の後遺障害内容を振り返って検討してもらうためにも必要なことです。具体的には、例えば、後遺障害診断書には、傷病名として、〇〇、〇〇、〇〇等の傷病名の記載があります。自覚症状においても「〇〇、〇〇〇、〇〇〇〇」等の症状がなされております。このことから、本件事故により疼痛が残存していることが分かります。等のように、本件疼痛が事故によるものだということを主張する必要があるでしょう。特に、14級の神経症状は、14級「障害の存在が医学的に説明可能なもの」といえるかどうか、現在の、事故により身体に生じた損傷(頚椎捻挫、腰椎捻挫など)によって発生していると説明可能であるかどうか、という枠組みにあてはまるのかどうかが重要になります(この説明可能性は結構くせものだと思っています。。)

2 他覚症状や各種テストの検査結果についてもきちんと主張する。

  これは、後遺障害の申請段階では、行っていないこともあります。その場合には医療照会や追加の検査をしてもらい、書証としてきちんと残しておきましょう。
  例えば、他覚症状欄には、しびれの箇所が記載されていること、各種テストの結果でも陽性反応が出ている箇所があること、頸部神経症状については別紙において、握力が5kgに低下し、スパーリングテストないしジャクソンテストでも陽性反応が出ていること、これらを述べることにより、本件交通事故後の治療内容と整合的であり、申立人は、本件事故という外傷により頚部及び腰部を負傷したことを主張していくべきでしょう。

3 自覚症状を裏付ける客観的な医学的所見があること及び将来においても回復が困難と見込まれること

  これまでに説明した受傷態様、治療内容、治療期間、現在の症状等を総合的に考慮すれば、申立人の症状は将来においても回復困難であると考えられることを述べるのがよいですね。


 このように、申立人の残存症状は、受傷時の状態や治療の経過などから連続性・一貫性が認められる医学的に説明可能な症状であることを指摘し、残存症状が、申立人の日常生活や仕事において著しい影響を及ぼしている点も含めて、異議申立をしていくことが重要だと考えます。 


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com



https://www.bengo4.com/osaka/a_27100/g_27106/l_339217/#pro2


f:id:kagaribi-kotsujiko:20200320103028j:plain      

解決事例神経症状 250万円の示談案が600万円弱に上昇して円満した事例

 こんにちは!

 かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。

 本日は、野条が過去に取り扱った事例で、解決した事例を紹介させていただきます。

 神経症状 250万円の示談案が600万円弱に上昇して円満した事例についてご紹介いたします。


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


 お困りの方がいましたら、一度、かがりび綜合法律事務所までご相談ください!!





1 相談する前について

 ご相談者さんは、警備員をなされていましたが、警備員の仕事で交通整理をしていたところ、自動車に引かれる事故にあり、首、背中、足を負傷し、約10ヶ月治療を行い、最終的には神経症状での後遺障害が認められました。そして、相手方保険会社から示談の申し入れが届き、そこには残り250万円を支払う旨の内容がありました。
 ご相談者さんは、これで示談するか迷っていたところ、職場の上司に相談したところ、その上司が過去に交通事故で野条弁護士に依頼していたこともあり、交通事故なら野条弁護士を紹介するからお願いしてみたら?ということで一度ご相談がありました。
 ご相談者さんは、弁護士費用にも不安を覚えていました。弁護士費用特約をなかったため、持ち出しの費用が発生すると思っていましたが、かがりび綜合法律事務所では完全報酬制をも採用していたため、安心して依頼することにしました。

2 相談した後について
 相談を聞くと、逸失利益の算定が非常に低い金額であったこと、慰謝料の金額も弁護士基準とはほど遠い金額であったことから、これらが不当であることを徹底して追及していきました。過失割合などの争点もありましたが、比較的に早い段階で交渉がまとまり、大幅に金額が上がり、示談することが出来ました。

3 弁護士のコメントについて

 逸失利益は基礎収入の算定や労働能力喪失率、喪失期間と個別の法的な論点が多くあります。特に労働能力喪失期間が何年かで逸失利益の金額が左右されることになります。これまでにも述べてきましたが、個別具体的な立証が必要であり、交通事故による他覚的症状の検討、それによる制限、内容、程度、仕事への具体的な影響、過去の裁判例を用いて、毅然と交渉する必要があるかと思います。

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


f:id:kagaribi-kotsujiko:20200718154406j:plain

【解決事例】過失割合で大きな不満有り。弁護士が介入して、現場検討とドライブレコーダーなどの検証により過失ゼロで解決。

こんにちは!

かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です(^^)

本日は交通事故の事例解決になります!そのなかでも過失割合です(^^)過失割合はややこしいことがよくあります!

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

このように、過失割合ではなくても、身体的な素因を理由に反論されることはよくあります!






お困りの方は弁護士さんに相談されるのが良いと思います!宜しくお願いします!

1 過失割合で大きな不満有り。弁護士が介入して、現場検討とドライブレコーダーなどの検証により過失ゼロで解決。

  60代・男性

2 事案の概要

  大通りを自動車で直進中、相手方が急に車線変更し、自動車ミラー、ボディに大きな損傷が生じました。相手方保険会社より、形式的に過失割合3:7の提案がなされました。
  ところが、依頼者様は納得がいかず弁護士に相談されました。
  弁護士が依頼者様に代わって交渉を行い、相手方にドライブレコーダーの開示を求めました。
  ドライブレコーダーを確認すると、相手方の急な車線変更をしていることや依頼者様の車体に指示器の蛍光が反射されていないことに鑑み、指示器を出していないことを主張しました。
  さらには現場状況から依頼者様が進路変更車を避けようとしても避けることができない車間距離や相手方の落ち度も指摘した。
  粘り強く交渉した結果、0:10に過失割合が変更となり、示談が成立できました。

  Before  過失30%      After   過失0%

  30%の過失修正に成功!

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200321130207j:plain


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

【知識編】神経症状においての後遺障害逸失利益での考慮要素について

 こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!!

 さて、今回は、【知識編】神経症状においての後遺障害逸失利益での考慮要素について、です!

 12級13号、14級9号の神経症状についてはこれまで沢山取り扱ってきましたね!

2【知識として】

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

3【後遺障害の獲得として】

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

 ここまで、神経症状において扱うのは幾つか理由があります。一つ目は、自覚症状のみと位置付けられる場合もあり、適切な補償が得られていない被害者の方をたくさんみてきたこと、二つ目が、以下でお話するように、神経症状における後遺障害と認定されたとしても、適切な賠償金額と見られることが少ないこと、にあります!!

 これまでにも、神経症状における後遺障害と認定されたとしても、適切な賠償金額と見られることが少ないことについては、例えば、後遺障害が得られた場合でも減収が少なかった場合、労働能力喪失期間が短く評価されている場合など様々ですが、あります。
 以下では、色々な考慮要素、特に後遺障害による逸失利益をベースに検討していきたいとおもいます。


** 4【労働能力を評価する考慮要素について】

 まず、労働上のにおける不利益がどのようなものであるか着目する必要があります。
 例えば、業務への支障、退職・転職の可能性、勤務先の規模、継続可能性等などがあります。
 
 これらの要素については、いずれも将来における減収の蓋然性を基礎付ける事情であるとともに、交通事故がなければ現に減収が生じていたであろうことを基礎付ける事情であるといえます!このあたりの事実は被害者側として主張していくべきだとおもいます。


判例における具体的な認定を見ると、昇進・昇給等における不利益昇進、昇給等における不利益については、勤務先である市の給与体系が動務実績をより反映させるようになってきており、被害者の定例の昇級も遅れていることや、総合職として、様々な部署を経験しながら昇進していくのが通常であるのに、後遺障害のため営業職や生産現場等を経験し離いこと、准看護師から正看護師やリハビリ看護の認定看護師になるのが困難となったこと、教師であるのに担任を持てず、クラブ活動や公式行事の引率もできないこと業務についても考慮されています!

また、本人の努力、勤務先の配慮等が考慮されているなどについても凄く重要です。

かがりび綜合法律事務所では、交通事故の被害者を救済できるようさらに精進していきます!

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200501131001j:plain

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200229192429j:plain
f:id:kagaribi-kotsujiko:20200229192426j:plain

知識編 むちうち損傷で後遺障害等級を獲得する2!^^

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

 こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!

 本日は、「むちうち損傷で後遺障害等級を獲得する&その後にどうするか」編です!


 前回、「むちうち損傷で後遺障害等級を獲得する」をテーマにお話しさせていただきましたね^^

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


 下記のケースでも、後遺障害14級認定するに際して、神経症状にこだわり医師に記録してもらったり、医療照会を行ったりしました!!

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com



 後遺障害14級9号については、他覚所見がない場合であってもこれまでの事故態様や症状、経過等から将来においても回復が困難といえるかどうか、労働能力喪失の程度等も重要です。

 この観点から、頸部痛の方であれば、以下のような内容も検討する必要があるでしょう(当職が用いている内容も抜粋してみます!)


1 上記患者の頸部神経症状をご教示ください。

2 頚椎捻挫については、後遺障害診断書の自覚症状からは、「●●」との記載がありますが、具体的には、医学的にはどのような理由から、このような症状が現れるものなのでしょうか。

  
3 2で圧迫が認められる神経を考えられるもので結構ですので、ご教示下さい。

4 頚椎捻挫については、今後、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉えがたいと自賠責調査事務所は判断しておりますが、先生のお考えをご教示ください。

5 結論として、以上の神経学的所見から頸部神経症状のうち医学的に証明、説明が可能な症状はありますでしょうか。その具体的理由をご教示ください


 このような形式で医療照会してエビデンスを増やすことも大事です!

 
 後遺障害が獲得できた場合には、このような適切な補償を主張していく必要があります! 

 
kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

 後遺障害事例で、損害賠償が大きくなるのはどうしてなのか?

 それは、お分かりだと思われますが、後遺障害の程度により一定の期間労働能力が低下し、損害が生ずるからだと当職は認識しております。


 例えば、この判例においてもそうですね。

 
○固定時36歳・女・エステティシャン、ラウンジホステス及び不動産業のデータ入力作業従事の後遺障害(併合14級:頸椎捻挫後の項部の凝りと痛み=14級9号、左肩関節の疼痛=14級9号、左膝痛み、左片脚起立屈伸やや不安定、円力で走れない等、左肘の詰まったような痛み=14級9号)につき、単なるいわゆるむち打ち症ではないとして、31年間10%の労働能力喪失を認めた例(大阪地判平221.25 自保ジャーナル1835号43頁)。


 どこかでまた、これについてもお話しておきたいと思います!




kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


www.bengo4.com

解決事例 【後遺障害12級13号(神経症状)・後遺障害による逸失利益が問題となったものの、総額1100万円で円満示談したケース】

【後遺障害12級13号(神経症状)・後遺障害による逸失利益が問題となったものの、総額1100万円で円満示談したケース】
後遺障害等級認定 慰謝料・損害賠償 人身事故

依頼主 40代 女性

かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。本日の解決事例では、神経症状における後遺障害の慰謝料と逸失利益ですね!

 神経症状における後遺障害の慰謝料と逸失利益

まず、神経症状における後遺障害の慰謝料の確認ですね。

裁判所の基準では、
12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」 金290万円(赤い本)

14級9号「局部に神経症状を残すもの」 金110万円(赤い本)

このあたりは、どう違うかは別のテーマでお話しさせていただきますね。

後遺障害の逸失利益は、被害者の身体に後遺障害が残り、労働能力が減少するために将来発生するものと認められる収入の減少のことをいいます。

ここで、大事なのは、後遺障害による逸失利益は、休業損害と異なり、ある程度長期の将来にわたる収入の減少に対する填補でありますから、事故時の現実的な収入が少なくても今後得られたであろう利益を蓋然性を立証したり、労働能力喪失による損害を、被害者の後遺障害の部位、程度、被害者の年齢、性別、従事している職業など、から総合的に主張していき、適切な補償を求めていくべきものだと思っております。これについては、いくつもの裁判例がありますが、最判56.12.22の特別の事情で記載されている要素もあります。
被害者側としては、これらの要素も使って、適切に主張をしていくべきだとおもっております!

以下では、当職が担当した事件の紹介になりますが、またご参照いただければと存じます。


1 相談前について
配達会社にお勤めの依頼者様は追突事故に遭い、頚椎損傷等の傷害を負い、長期にわたりリハビリをされていました。今後の補償について不安が出てきて、しっかりとサポートをして欲しいという要望により、弁護士に相談することにしました。
2 相談後について
相談後、弁護士に依頼を行い、後遺障害認定の結果12級13号として認定されました。依頼者様は配達業の従業員でしたが、交通事故により大きな減収はなく、当初は後遺障害による補償といわれる逸失利益について、あまり認定してくれませんでしたが、弁護士さんが懸命に交渉を行ってくれたため、当初の金額より高い総額1100万円で示談しました。


3 野条 健人弁護士からのコメント

野条 健人弁護士
依頼後に依頼者様より事情を詳細に聞き取りしました。確かに減収はありませんが以前の仕事に比べて内勤が多くなっていること事故により仕事量が減少し職場の上司より昇給が難しくなっていること、配達業での力作業が出来なくなり転職が考えざるを得ないこと等が分かりました。これら聞き取り内容を分析して主張を行ったり、職場の上司に聞いてもらったりした内容を証拠として提出したりしました。粘り強い交渉の結果、Xさんの満足が高い結果で解決できました。

実際の減収がない若しくは低下している金額が少ない場合にはよく争いになります。
一つの考え方として、賠償の対象となる損害を交通事故がなかったなら被害者が得られていたであろう収入と事故後に現実に得られる収入との差額であるとみる考え方です。この考え方に立つと事故後に被害者の減収がない場合には、後遺障害逸失利益は認められないことになります。

しかしながら、実際には後遺障害が残存している場合には労働能力の低下や仕事の能率も低下したり、今後被害者が昇給できなくなったり不利益を受けたりすることもあります。また、被害者自身がストレッチや病院に通っている努力があるからこそ、減収していないという評価も成り立つことがあります。

このため、一概に減収していないからといって後遺障害による逸失利益が認められないという発想に立つのではなく、後遺障害による労働能力が低下し、その低下が被害者の損害にどのように寄与しているのか等も考慮して主張していくべきであると考えています。

少しでも関連することでご相談のある方は一度ご連絡頂きますようお願いします。

【知識編】主婦の後遺障害の逸失利益って??

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!(^^)

本日のテーマは、主婦の後遺障害逸失利益についてです!

さて、以前は、主婦の休業損害について、知識編と解決事例編をさせていただきました。


今回は、平たくいえば主婦の方が後遺障害を認定され、それによる将来得られたであろう利益についてということになります!

家事労働の逸失利益性は、事故の基本的ルールと同様に考えていくことになります。逸失利益の就労可能年数は原則67歳まで、高齢者は簡易生命表の余命年数の2分の1で計算されます。
専業主婦は原則、産業計・企業規模計・学歴計・女性労働者の全年齢平均賃金で計算していきます。生涯を通じて全年齢平均賃金に相当する労働を行い得る蓋然性が認められない特段の事情が存在する場合には、減額される余地もあります。

すなわち、個別具体的にどのように労働能力が制約されたかが大事。
高齢者でも簡易生命表を用いて計算します。元気な方も多く、健康で夫の為に家事の一切を行っているような場合には、逸失利益が認められうる。

独り暮らしの女性が交通事故で受傷し、家事労働ができなくなった場合には、家事労働の逸失利益は認められないが、受傷により身の回りのことができなくなり、家政婦等を雇用した場合には、その費用が相当性のある範囲で積極損害として認められる場合があります。


また慰謝料として主張することもあります。