弁護士野条健人の交通事故ノート

交通事故の被害者に役立つ情報を発信していきます!!

口コミです!

 

こんにちは!

 

かがりび綜合法律事務所に寄せられた口コミ集になります。どの案件も誠心誠意取り組んできた結果だと思います。引き続き全力で取り組んでいきますので何卒宜しくお願いします!

 

 

 

f:id:kagaribi-kotsujiko:20201213131822j:image
f:id:kagaribi-kotsujiko:20201213131826p:image
f:id:kagaribi-kotsujiko:20201213131818j:image

交通事故に関する自己紹介(^^)

かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!交通事故被害者側に有益な情報や解決事例を発信するブログを立ち上げてみました!今後とも何卒宜しくお願いします!!


◆ 詳細な聞き取りを元に、実績を積んでいます
━━━━━━━━━━━━
これまでに500件以上の交通事故案件に関わってきました。ご相談の内容は多岐にわたります。
特に後遺障害等級認定においては、丁寧な聞き取りと粘り強い交渉により、より高い等級認定を受けられたケースが多数ございます。
保険会社からの示談金増額、休業損害の獲得、過失割合の認定、治療打ち切り阻止でも実績を上げています。
徹底して依頼者様の側に経ち、あきらめない姿勢を貫くことで、これからも結果を出していきます。まずはご相談ください。

むち打ち症対策で実績があります
━━━━━━━━━━━━
交通事故によるむち打ち症でお悩みの被害者様救済で実績があります。
むち打ち症は、交通事故の立派な後遺症です。しかしながらレントゲン撮影を介しても、注意深く見なければ事故による因果関係を発見することが難しいこと、見た目から明らかな後遺障害でないことも多いことから、本来もらえる後遺障害等級よりも低い等級で妥結してしまい、低い示談金で終了してしまうケースが大変多く見られます。
当事務所の弁護士は、これまで多くの交通事故案件に関わってきました。中でも、医学的な部分の詳細を聞き取ったり、画像診断まで踏み込んだアプローチで、より高い後遺障害等級認定を受けた実績も多数あります。
(詳細は「解決事例」もご覧ください。)
むち打ち症でお悩みの方、あきらめる前にぜひ一度、ご相談にいらしてください。

◆ 弁護士費用特約が利用できます
━━━━━━━━━━━━
ご加入されている自動車保険に弁護士費用特約が付帯されている場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。
ご自身の保険証書を今一度ご確認ください。

◆ 初回相談無料、完全成功報酬制あり
━━━━━━━━━━━━
弁護士費用特約保険に加入されていない場合であっても、初回のご相談は無料です。
着手金も無料で承ります。
また、弁護士費用特約保険に加入されていない場合であっても、交通事故被害者を救済するために、完全成功報酬制を取り入れ、全面的にバックアップする体制を整えております。
ご依頼いただく際は、その後の費用についても分かりやすくご説明致します。ご不明な点は、お気軽にお尋ねください。

◆ 夜間休日もご相談をお受けします
━━━━━━━━━━━━
事前にご予約いただければ、夜間や土日祝日もご相談をお受けします。
また、メールでのご予約は24時間承っております。どうぞご都合をお聞かせください。

◆ このようなお悩みはありませんか?
━━━━━━━━━━━━
・保険会社から提示された示談金の額に納得がいかない
・保険会社の高圧的な態度に困っている
・後遺障害等級認定が取れるが不安だ
・後遺障害等級認定が低すぎる
・事故の後遺症を後遺障害として認めてもらえない
・事故直後は分からなかったがむち打ちになったことが判明した
・治療費の支払いを打ち切ると保険会社から通告があった
・過失割合に納得がいかない

【解決事例】【整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解

 こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^^

 本日は、過去に野条が取り扱った解決事例のなか、【整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解をご報告いたします。

 むちうち症状については、これまでたくさん取り扱ってきました。

 
kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

御覧になられてお分かりだと思いますが、むち打ち症状は交通事故では多い症例です。この多い症例をどのように解決するのかが非常に交通事故の被害者側の弁護士としては重要なところです。

整骨院については、こちらで記載させていただきました。また御覧いただければと思います!

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


それでは、ご報告いたします。交通事故のことでお困りごとございましたらかがりび綜合法律事務所までご相談ください。宜しくお願いします。

整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】

第1 はじめに

   Ⅹさんら家族は高速道路を出口で追突事故に遭い、いわゆるむち打ち症として病院と整骨院に併用して通院しました。ところが、相手方保険会社は病院へ長期にわたり通院しすぎであり、整骨院施術は効果がないため認められるものではないとの主張であったため、やむを得ず訴訟を行い、当方の言い分どおり認められ、勝訴和解しました。

第2 交渉経緯など

   治療段階より依頼を受けていましたので、Ⅹさんら家族の治療状況や治療効果は十分に把握しておりました。このため、診療録やⅩさんの自覚症状等を分析して訴訟でも主張していきました。
   さらに、医療照会を行って主治医に長期にわたって治療を行う必要があるか、その理由及び原因は何かを医学的にアプローチしてもらいました。そうすると、医師はⅩさんの実態を踏まえた回答書を書いて頂き、これを証拠として主張していきました。
   整骨院施術については、整骨院による施術効果等を強調するとともに裁判例でも施術効果を認めた裁判例が多数あり、その要件を満たすためにⅩさんの状態など内実を加味して主張を継続して行っていきました。

第3 勝訴的和解

   その結果、裁判所も我々の意向を汲んで頂き、訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解となりました。

第4 弁護士のコメント

   治療段階よりⅩさんと協同して取り組んできましたので、同じ気持ちで粘り強く闘っていけたことは凄く重要だと勉強させて頂いた事件でもあります。沢山の交通事故の経験より、効果的な医療照会を打診することが重要だと思います。現に、医療照会の内容が決めてとなり、勝訴的和解が出来たと思っております。
   交通事故による痛みは千差万別であり、門切り型で治療を打ち切られることもありますが、最後まで諦めずに交渉することが重要です。治療のことでお困りの場合でもご連絡ください。



野条 健人弁護士(かがりび綜合法律事務所) - 大阪府大阪市 - 弁護士ドットコム


f:id:kagaribi-kotsujiko:20200321130207j:plain

整骨院の施術ってどこまで認められるの!?(知識編)

 こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!

 さて、本日は、整骨院の施術ってどこまで認められるの!?(知識編)ということで、これをテーマにしていきたいと思います!

 そもそも、整骨院施術については、医療機関や医師による治療行為に要する費用ではなく、医師法による医師の資格を有しない者による鍼灸・マッサージ等の「施術」に要する費用であること、治療器具の購入や薬品の処方・購入等が医師の指示によるものではないことが少なくないことから、その必要性・相当性について争われることが多くあります。むち打ち症状の事例の治療の継続性や解決事例から学べる点は多くあるかと思います!


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com



 特に、むち打ち症状でも程度が重くないのに整骨院施術が多くなされていたり、急性期を超えて施術されていると保険会社から一方的に打ち切りがあったりすることがあるかと思います。
 そのような状況においても、どう打ち切りに合わないようにするか、合った際にでも施術を延長するか検討していく必要があります。


** 1 当職が考察する裁判所の判断枠組みについて


(1)整骨院の施術については、一般に、賠償が認められるためには、原則として医師の指示が必要とされているという枠組みで考えられます。
 ただ、毎回指示があるわけでもないし、実際に整骨院の施術の必要性や有効性が認められるのはみなさんよく理解いただいているかと思います!
(相手方保険会社も特にこの点確認されずに必要性や有効性があると思われる場合には施術を認めてもらっているかと思います)
(2)そうすると、ある程度お察しがつくかと思いますが、整骨院の施術の必要性及び有効性が重要になっていきます。
  すなわち、医師の指示のない場合であっても、いわゆる東洋医学に基づく施術については、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」及び「柔道整復師法」により法的に免許制度が確立されていること、鍼灸治療については、医療機関で開設されているペインクリニック等が鍼灸治療を用いるなど、全国的に普及・一般化していることなどからすれば、施術の必要性、有効性(症状の軽減や機能の回復など、効果が上がっていること)、施術期間・施術内容・施術費の相当性に関する具体的な主張・立証がある場合には、その賠償が認められると考えられるとされています(交通損害賠償関係訴訟 青林書院参照)。
  赤い本でも、「症状により有効かつ相当な場合、ことに医師の指示がある場合などは認められる傾向にある」とされています。

2 当職が考察する整骨院施術について


ただ枠組みとしては、整骨院は整形外科の治療での補助的な役割ということもいえるでしょうから、整形外科への通院をやめずに、ケガが完治または症状固定を迎えるまで、少なくとも月に1度は通院する必要がよいあkと思います。医師はケガの状況が具体的にわからず適切な後遺障害診断書を作成できなくなる可能性もありますし、後遺障害等級の認定を受けられず、後遺症に対する慰謝料を受け取ることができない可能性があります。



kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

さらには、整骨院に通院することを保険会社に伝え、整形外科と整骨院接骨院を併用することになったら、通院を始める前に加害者の保険会社に連絡をしておく方がよいでしょう、
整骨院の費用を保険会社に支払ってもらうには、基本的には病院の医師の許可が必要ですので、許可をもらっていない場合は、先に病院で許可をもらっておく方がよいかと思います!
のちのちにトラブルになったりするケースもありますので、このあたりは弁護士に一度相談されるのもよいかと思います!


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200321130207j:plain


野条 健人弁護士(かがりび綜合法律事務所) - 大阪府大阪市 - 弁護士ドットコム

「お仏壇ちゃんねる」で交通事故について話しました!

こんにちは!

かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!!

滝本仏光堂様の「お仏壇ちゃんねる」(youtube)に「交通事故」をテーマに出演させていただきました!

交通事故の被害に遭われた際に弁護士さんがお役に立てれることをお話させていただきました!

ありがとうございます!

この「お仏壇ちゃんねる」本当にお仏壇以外にも楽しく勉強になります!

実は当職も先程まで「お仏壇の開閉のタイミングは?」の動画を楽しく見させていただいていました!(みなさん知っています?笑(^_^))

みなさんこれを機会に是非「お仏壇ちゃんねる」ご覧いただければと思います!!

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200725104612j:plain

解決事例 紛争処理センターって知ってますか?(^^)

神経症状(後遺障害第14級9号)・紛争処理センターでの後遺障害逸失利益、通院慰謝料、後遺障害慰謝料の満額解決】

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!本日も解決事例の紹介をさせていただきます!

慰謝料・損害賠償 人身事故
依頼主 40代 男性
1 相談前
依頼者様は、頚椎捻挫、腰椎捻挫等で治療を行っていました。この頃は違う弁護士先生に依頼を行っていましたが、治療打ち切られた後に、今後の治療と補償を徹底してサポートして頂きたいということで、ご相談がありました。
2 相談後
相談をお聞きしますと、まだ痛みがあり医師より治療を行う必要があるということでしたので健康保険での治療にし、後にその治療費を立て替えてもらうこと、後遺障害の申請や慰謝料の増額等のサポートをするため、依頼を受けました。その後、相手方保険会社と示談交渉しましたが、後遺障害逸失利益と慰謝料は裁判所基準の8割程度しか認めないため、紛争処理センターで和解斡旋を申立て、当職の言い分どおり後遺障害逸失利益と慰謝料は満額認められ、円満に示談することにしました。
3 野条 健人弁護士からのコメント
交通事故紛争処理センターによる和解斡旋は、簡単に言いますと、交通事故の専門委員が当事者の主張を聞いた上で和解斡旋をしてもらえます。法的評価や算定基準の金額に主な争いがある場合には有効です。

何よりも斡旋提示が比較的に早く早期に解決できる可能性が高いこと、賠償額算定が裁判基準に準じて行われること、審査結果に事実上の拘束力があることが主なメリットとして挙げられます。

当職も同センターをよく利用させて頂きますが、本件のように保険会社側ことさらに理由なく訴外であるため慰謝料を裁判所基準の8割などで譲らず、時間が一定かかっても構わない場合には、紛争処理センターでできる限りの補償を認めてもらうことも想定されます。

依頼者様は事故による頚椎及び腰椎の痛みにより仕事がうまく行かず非常に辛い状況になっており、少しでも補償内容を充実させたいということで紛争処理センターまでの申立てを行いました。

もっとも、早期解決であれば示談交渉での解決も考えられるため、どのような手段が良いのか、一度弁護士までご相談頂ければと思います。