弁護士野条健人の交通事故ノート

交通事故の被害者に役立つ情報を発信していきます!!

【解決事例】【後遺障害14級9号事案 足のしびれ 裁判所基準満額で円満示談】

 こんにちは!

 かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!

 本日は、過去に野条が取り扱った事例で、【解決事例】【後遺障害14級9号事案 足のしびれ 裁判所基準満額で円満示談】です!

 これまでにも本ブログでは、後遺障害14級9号事案の解説をたくさん扱ってきました!

 

 ただ、足の痺れの事案は比較的にご紹介は多くなかったかもしれません。

 後遺障害14級9号事案では、いわゆる頸椎捻挫、腰椎捻挫が生ずる痺れの残存(神経症状)が比較的に多いことがあります。

 いわゆる追突事故や歩行者との衝突などでも、腰や首を負傷するケースが比較的に多く、特に首による負傷は神経症状が出やすいことから、これまでもスパーリングテストやヘルニアなどによる神経テストのご紹介もしてきました。

 ただ、実は足の痺れの事案もそれなりには事例としてはあります。よく想定されるのが、歩行中に車と接触や衝突して、足が 負傷するケースです。
 また、追突ではなく側面衝突などでの自動車事故も足を負傷するケースやバイクでの事故も多い印象です。

 足についての神経症状は、骨折してから痺れが のこるケースも多く、特に足指や足の甲については、なかなか骨のひっつき具合などについても上手くいかないケースもあり、治療が長引くこともままあります!

 適切な治療を受け、適切な後遺障害や補償が得られるためにも、弁護士さんに相談されてみてはいかがでしょうか。
 それでは、以下で解決事例のアップをしておきます!!引き続き何卒宜しくおねがいします!

【解決事例】【後遺障害14級9号事案 足のしびれ 裁判所基準満額で円満示談】

1 弁護士に相談する前について
 相談者さんは、歩行者中に歩道を歩いていたところ、路肩から出てきた自動車とぶつかり、左足骨折の負傷を負うことになりました。当初は、保険会社から何も言われずに治療を受けておりましたが、しばらくしてから、治療の打ち切りの打診や治療について長くかかっていることについて苦言を言われるようになり、不信感を抱くようになりました。相談者さんは、左足の甲部分を骨折しており、骨のくっつき具合が上手くいっていない状態で、何ら
相談者さんに落ち度がある状況ではありませんでした。このような状況でありましたので、相談者さんは、弁護士さんに相談することにしました。

2 弁護士に相談した後について
  相談後、依頼を受けて治療の延長を求めていきました。エビデンスとしては明らかに骨のくっつきがまだであること、主治医の意見も治療必要であることでしたので、治療についてはそれなり相当期間の延長をすることができました。その後、残念ながら、足のしびれが残ったため、後遺障害の申請を行い、裁判所基準の慰謝料と逸失利益で示談することになりました。依頼者さんもご満足いただき、その後、別に困っている方も紹介をいただくことにもなりました。ありがとうございました。

解決事例になります!


【後遺障害14級9号(神経症状)認定 大幅に後遺障害による逸失利益が増額したケース】

 

 こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!

 

 さて、本日は、【後遺障害14級9号(神経症状)認定 大幅に後遺障害による逸失利益が増額したケース】です!

 この解決事例についてお話しいたします!

 

1  解決事例のご紹介
依頼者:30代 女性
【ご相談内容】
 介護職員の依頼者様は追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負い、むち打ち症で悩んでられていました。特に介護施設では高齢者の介護をなさっていましたから、相当神経症状は影響があるため、そこで、治療の打ち切りと後遺障害認定の申請、慰謝料増額のサポートを希望し、弁護士の当職に相談されました。

【結果】
相談後に依頼を行い、弁護士が保険会社との交渉窓口になり、治療の打ち切りや後遺障害認定の申請の全般的にサポートしてもらえました。その結果、後遺障害14級9号が認定され、美容師としての仕事がうまくできなかったことによる補償については、弁護士さんが相手方保険会社と交渉し、当初の提示額より大幅に増額してもらい、無事に円満示談が成立しました。

【コメント】
加害者保険会社側が労働能力喪失率とその期間を争うことは少なくありません。労働能力喪失率の認定に当たっては昇進、昇給等における不利益、業務への支障、退職・転職の可能性、本人の努力、勤務先の配慮等が考慮されることになります。
本件では、業務への支障と勤務先の配慮について特に主張を行いました。Xさんは介護職員であり、長時間同じ態勢を取ることが辛く、長時間カットすることが困難になっていること、勤務先もこれらの事情を斟酌して勤務が難しくなっている場合には他のスタッフに代わってもらったり配慮してもらったりしていること等の主張を行い、上記の案で解決することになりました。
個人的には労働能力喪失の程度は他の職に比べて大きいと思いましたが、Xさんが裁判ではなく示談交渉の中で迅速な解決を求めていたため、示談ということで解決しました。
交通事故でお困りのかたは一度ご相談いただければと思います。

 

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200905210330j:image
f:id:kagaribi-kotsujiko:20200905210334j:image
f:id:kagaribi-kotsujiko:20200905210321p:image
f:id:kagaribi-kotsujiko:20200905210326p:image

【解決事例】後遺障害10級相当事例 逸失利益と慰謝料を約800万円程増額した事例

【解決事例】後遺障害10級相当事例 逸失利益と慰謝料を約800万円程増額した事例

 こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。

 さて、本日は、過去に野条が取り扱ってきた事例で、【解決事例】後遺障害10級相当事例 逸失利益と慰謝料を約800万円程増額した事例をご紹介いたします。
 後遺障害の逸失利益については、これまでも何度もお話ししてきましたが、争点になることは多々あります。基礎収入の算定や労働能力喪失率の考え方など大きく影響していきます。これまでにお話しさせていただいたことにも関連するところもありますので、以下の記事もまたみていただけると幸いです。引き続き、かがりび綜合法律事務所を何卒宜しくお願いします!

1 相談前について
 ご相談者は、歩行中に交差点において自動車に跳ねられ、入院通院をしていましたが、最終的には残念ながら後遺障害が認定され、後遺障害10球が認定されました。ところが、治療段階から保険会社の高圧的な態度に精神面にもやられていき、慰謝料も後遺障害の金額も低く、このままでは適切な補償を受けられないと考え、交通事故に注力する弁護士を探し、相談することになりました。

2 相談後について
 交渉の結果、入院通院の慰謝料については、満額まで増額し、逸失利益についても適切な金額となり、示談することになりました。

3 野条 健人弁護士からのコメント
◆今後の見通しを丁寧に説明することを心がけております。
交通事故に遭われた方、心身共にお辛い状況にあることとお察しします。
怪我の具合に加えて、事故後の流れはどうなるのだろうかと不安を持たれている方も多くいらっしゃると思います。そんな時は私達にご相談ください。
ご相談者様の未来を照らす「かがりび」になるべく、これから起こりうること、注意しなければならないポイントについて、一つ一つ丁寧にご説明します。
お怪我を追われて動けない、という方も、まずはお電話にてご連絡ください。ご相談は早ければ早いほど、より良い解決が望めます。お困りの際は、遠慮なさらずにぜひご相談ください。

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200829141433j:plain

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200829141446j:plain

話しやすく親しみやすい、安心の法律事務所を目指します!

交通事故案件に圧倒的な経験数

話しやすく親しみやすい、安心の法律事務所

「かがりび綜合法律事務所」は大阪市西区にある弁護士事務所で、四ツ橋駅から徒歩3分、本町駅から徒歩5分の便利な場所に立地しています。代表弁護士・野条健人は独立する前、交通事故問題を多数扱う大手法律事務所の大阪・神戸の支店長を務め、個人で500件以上の交通事故案件を手がけるなど豊富な実績があります。

当事務所では案件ごとにチームを組み、素早いレスポンスや進行のスピード感を大事にしながらご対応。何よりも、いつでも気安く相談いただける、敷居の低い事務所であることがモットーです。相談に来られた方からも「話しやすかった」「身近に感じられた」といった声を多数いただいています。

平日夜間や土日の面談もOKで(要ご予約)、相談料は無料でお受けしています。まずは気軽な気持ちでいつでもご相談ください。

事故後の不安な思いを取り除くために
治療段階から、今後の見通しを分かりやすく説明
かがりび綜合法律事務所
交通事故の被害者になると、ケガの治療に加えて仕事を休まなくてはならなくなるなど、今後への不安が大きく募る状況になってしまいます。突然の事故で苦しい思いをされている方がほとんどであり、身体や賠償についてご不安な気持ちを多くもたれています。

そんなときは、ぜひ弁護士にご相談ください。当事務所では、治療段階の適切なアドバイスから、今後の見通しなどを分かりやすくご説明。被害者の方の不安な気持ちを取り払うようしっかりとサポートします。


f:id:kagaribi-kotsujiko:20200718154406j:plain

【知識編】脊柱変形と後遺障害における労働能力喪失について

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!

本日は、脊柱変形と後遺障害における労働能力喪失についてお話しいたします!


 裁判例の傾向としては、11級の脊柱変形では20%を下回る数値を認定する例が少なくないことがありますが、決してそういうわけでもありません。現実にどの程度影響が出ているかにより違いがあり、ケース・バイ・ケースです。まずは実際の裁判例を見ていきたいと思います!

1 裁判例について

 ①変形障害だけでは直ちに労働能力に影響を及ぼすものではないが重量物を運搬することできず、同じ体勢で座っているだけで強くなる腰痛が残存しており、これは脊柱の変形障害によるもの

 →12級相当別の12級8号と併合して20%としました。

 ②自賠責上の認定では8級を満たす後弯が生じている。不整癒合、可動時・加重時・歩行時などに痛みが生じる、腰を曲げられない、靴下の着脱等には時間がかかり、長時間起立すると足と腰が痛くなり、中腰やしゃがんで作業を行うことはできず,長時間の歩行には杖が必要としたケース

 →労働能力喪失率を56%としました。

 ③37歳男子トラック運転手、第1腰椎前方26mm、後方38mmの圧潰がある。背部の疲労感、両臀部のしびれ、運転や荷物の積み下ろし業務に従事し続けることは困難であった。

 →労働能力喪失率を20%としました。

 ④立ち仕事でかがんで行う動作等もある美容師の仕事には相応の支障があると考えられる。影響の少ないデスクワーク等の仕事に転職する可能性の有無程度等などを勘案した事例。

 →労働能力喪失率を17%としました。


2 弁護士のコメント
 裁判例では、脊椎の骨折という器質的異常により脊椎と支持性と運動性の機能を減少させ、局所等に疼痛を生じさせ得るものであるという点を重視すると、原則として喪失率表の定める喪失率を認めるのが相当としているようにも思えます。基本的には、自賠責制度の等級に従って、労働能力喪失率表に従った喪失率が認められているとされていますが、近時の裁判例においては,影響が軽微である等として否定的な判示をしたものが少なからずある現状です。このため、脊柱の支持機能・保持機能にどの程度の影響を与え,又は与えるおそれがあるかを,医証等により具体的に検討し,主張・立証していく必要があるかとおもいます!

主婦の休業損害って、具体的に何を主張するの!?

 
 こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^^

 さて、本日は、「主婦の休業損害って、具体的に何を主張するの!?」です!!
 
 これまでに主婦の事例については、今までいくつか扱ってきたとおもいます!!

 
kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com

kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com


kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com



 それで、考えてみると、主婦の休業損害って何を言えばいいの?という控え目な声を聞いたりします。

 結論から言いますと、交通事故により主婦の仕事がどの程度、どのくらい、何を具体的にできなかったかなどを言っていたりします。

 裁判でも具体的にむち打ちの際などはよく争われたりします。例えばの事例で、こういう主張がありますので、ご参考にしてみてください!

 被害者Xは、本件事故前において家族の身の回りの家事を行っており、具体的には、掃除、調理、洗濯等の家事全般を行っていた。
 ところが、本件事故後において、被害者Xはこれらの家事に支障が生じるようになった。本件事故発生から約3か月経過した時点の「日常生活に関する質問」には次の記載がある。
 ・「家事も仕事も今までの様に出来ない。」
 ・(掃除については)「高い所の作業で上を向くと首が痛い」「背伸びをすると首と腰が痛い」「トイレ掃除や風呂掃除は下を向くと首が痛い。肩にも負担がかかる」
 ・(調理については)「長時間立ったままの調理や食器洗いは首が痛くて手のしびれがひどくなる」「長時間同じ姿勢での作業は首と腰に負担がかかる」
 ・(洗濯については)「洗濯機から洗濯物を取り出す時に下を向くと首と肩にも負担がかかる」「布団を干す時に重たくて首、肩、腰に激痛が走る」
  このように、被害者の家事に支障が出ていたことは明白である。

 このようなことをいいますし、追加して、現実の治療状況とミックスさせることもあります。
 「治療経過から見ても被害者は頸部及び腰部に疼痛が生じており、ロキソニンテープを処方され、トリガーポイント注射までなされている状況であった。これら通院の頻度や治療内容を見ても家事に制約が生ずる程度であったことが分かる。したがって、被害者は家事従事者として休業損害が認められるべきである。



 一つの例として記載してみましたが、より具体的詳述的にかがりび綜合法律事務所では主張します。おこまりごとございましたら、かがりび綜合法律事務所までご相談くださいますようおねがいします!

f:id:kagaribi-kotsujiko:20200503171654j:plain