弁護士野条健人の交通事故ノート

交通事故の被害者に役立つ情報を発信していきます!!

むち打ち症状

11級の脊柱変形での労働能力の喪失自体

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^_^ さて、交通事故の後遺障害逸失利益については被害者の職業、神経症状その他の症状の有無及び内容等を総合的に考慮して判断することになることはこれまでにも述べてきたとおりです。 <後遺障害…

◆【解決事例】【14級9号に認定されて、約320万円の事例】

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 交通量も多くなり、交通事故も増えてきていると聞いています。交通事故で被害に遭われた方、ご家族の方、ご無理なされないでくださいね! これまでご家族の方も疲弊してきた交通事故をみてきまし…

スパーリングテストとは

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! さて、本日は頸椎捻挫の際の後遺障害14級の獲得ポイントです!これについては以前にもお話させていただきました! kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com そのなかでもスパーリングテストやジャクソ…

むちうち症における後遺障害認定について

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 交通事故でのむちうち症における後遺障害認定について、つらつらとメモ書きを書いています。あくまで私見なのでご参考程度にお願いします。 むち打ち症における後遺障害認定 1 傷病名 診断書に…

交通事故での入院付添費

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、交通事故での入院付添費について、です! さて、入院付添費はどのような場合に認められるのかが問題となります。 実務では、医師の意見、または受傷の部位、程度、および被害者の年齢な…

保険会社代理店で保険研修しました!

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 先日、保険会社代理店で保険研修を行いました! その際に用いた研修レジュメを共有しておきます。 保険の種類がわかれば交通事故の補償ルールもよくわかっていきます! ・被害者→加害者(加害者…

後遺障害での労働能力喪失期間の終期は、67歳までではないのですか?

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害での労働能力喪失期間の終期は、67歳までではないのですか?不当に期間が短くされる理由はないということです! テーマが長くなりましたが笑、交通事故の被害者側で事案を扱って…

14級9号での解決事例 300万円で示談したケース

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害等級14級9号神経症状について後遺障害が認められ、約300万円の金額で合意したケースです! さて、かがりび綜合法律事務所では、あまり広告数も多くは出していませんが、それでも…

【解決事例】【整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^^ 本日は、過去に野条が取り扱った解決事例のなか、【整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解をご報告いたします。 むちうち症状につい…

解決事例 最終的には300万円近く示談解決事例 50代男性 専業主夫

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、解決事例 最終的には300万円近く示談解決事例 50代男性 専業主夫の方の事例をご紹介いたします。 kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-…

いわゆる鞭打ちの際での頸部受傷で の後遺障害等級14級9号

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!さて、本日は、いわゆる鞭打ちの際での頸部受傷での後遺障害等級14級9号に該当性についてです。神経症状における後遺障害14級9号は鞭打ち障害でよく検討される問題です。<神経症状での解決事…

神経症状であればかがりび綜合法律事務所までご相談ください!

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^_^ ◆ むち打ち症対策で実績があります ━━━━━━━━━━━━ 交通事故によるむち打ち症でお悩みの被害者様救済で実績があります。 むち打ち症は、交通事故の立派な後遺症です。しかしながらレントゲン撮影…

慰謝料が裁判所基準より増額される場合?

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 入通院慰謝料や後遺障害慰謝料は裁判所基準(弁護士基準)が定められており、原則としてはこれをベースに検討がなされます。このため、これらを増額した慰謝料で解決されることはあまりありません…

鎖骨変形の場合、労働能力喪失期間、喪失率はどのように算定すべき

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 鎖骨変形の場合、労働能力喪失期間、喪失率はどのように算定すべきかが問題となります。 鎖骨は欠損していても肩関節の可動性や日常生活動作に重大な影響はないといわれていることから、労働能力…

後遺障害等級12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! さて、本日は、後遺障害等級12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」についてです! そもそも、後遺障害等級12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」とは、一般的に神経系統の障…

【コラム】後遺障害逸失利益における労働能力喪失率、14級9号で5%以下で主張されているとき

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害逸失利益における労働能力喪失率、14級9号で5%以下で主張されているとき、です!(タイトル長いですね笑) さて、後遺障害逸失利益については、これまでも説明してきました…

解決事例 横断歩道を走行していたのにいきなり過失があるっていわれた場合【当方過失なし・慰謝料満額・休業損害満額で示談成立】

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、解決事例 横断歩道を走行していたのにいきなり過失があるっていわれた場合【当方過失なし・慰謝料満額・休業損害満額で示談成立】 についてお話いたします。 昨今、自転車事故についての…

紛争処理センターでの解決

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!本日は休業損害及び逸失利益について妥協点が見出せないときは、紛争処理センターで和解斡旋を求める申立てをするのもあり、というテーマです!さて、後遺障害の逸失利益のときに、保険会社が次の…

【コラム】整骨院施術が交通事故による損害といえるかどうか

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、【コラム】整骨院施術が交通事故による損害といえるかどうか、です! これまでにも追突事故等をはじめ、むち打ち症状が出てきた際の神経症状による解決事例や後遺障害事例を解説させてい…

素因の影響について

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!さて、素因の影響についてお話いたします。実際に、相手方保険会社は金額を下げるために、素因を主張してくることがあります。高齢者の場合で粉砕骨折をしているようなときは骨粗鬆症のことを持ち…

損害賠償金として約200万円で解決した事例

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、解決事例、相手方が任意保険使用に消極的な場合でも粘り強く交渉して任意保険使用させ、損害賠償金として約200万円で解決した事例です。 さて、相手方が任意保険に消極的な場合がありま…

解決事例 後遺障害14級9号 310万円程度で円満示談

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。さて、本日は、解決事例 後遺障害14級9号 310万円程度で円満示談した事例です。第1 交渉の経緯 症状固定時において、Xさん夫妻は頚椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負った結果、頸から生ずる手や腕…

交通事故 感謝の声のご紹介

こんにちは(^^) かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 2月もあっという間に終わりましたね!!それでも早期解決ができた案件もあり、粘り強く行った案件での解決事例もありました!いずれも止まない雨はないと信じた結果だと思います!! 先般いた…

解決事例 【異議申立により神経症状(後遺障害14級9号)が認められ、休業損害も全額認められ、約400万円で円満示談したケース】

【異議申立により神経症状(後遺障害14級9号)が認められ、休業損害も全額認められ、約400万円で円満示談したケース】 依頼主 30代 女性 後遺障害等級認定 慰謝料・損害賠償 人身事故 野条 健人弁護士からのコメント 神経症状による後遺障害については、第12級…

tfcc損傷での後遺障害12級

こんにちは!かがりび綜合法律事務所の代表弁護士の野条です!本日はtfcc損傷での後遺障害12級についてです!kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com 被害者側では、「自賠責保険 後遺障害等級証明書」において、後遺障害等級12級13号に該当するものと思料い…

解決事例 左足甲骨骨折後遺障害14級9号250万円で示談

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 解決事例 左足甲骨骨折後遺障害14級9号250万円で示談についてお話いたします! さて、この事案では、骨折事案についても神経症状が残ることがあります。骨のくっつき具合が上手くいかずに痛みが…

後遺障害14級9号がでるかどうかの差

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。本日は、後遺障害14級9号がでるかどうかの差についてお話いたします。さて、この話はこれまで何度もお話してきましたので、聞き飽きた感の方も多いかと思いますが、 いわゆる神経症状でかつ他覚…

腸骨採取による骨盤変形の場合、労働能力喪失期間、喪失率はどのように算定すべきか?

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日のテーマは、 腸骨採取による骨盤変形の場合、労働能力喪失期間、喪失率はどのように算定すべきか? です。 結構マニアックな論点です。 採骨術が行われていますので、う労働能力に対する具…

神経症状における後遺障害の逸失利益、どんな事情が考慮されるのか

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です、 本日は、神経症状における後遺障害の逸失利益、どんな事情が考慮されるのか?です! 後遺障害による逸失利益については、実務においては、差額説vs労働能力喪失説的な考え方の対立がありますが、…

主婦の神経症状・しびれ

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は主婦の神経症状・しびれについてお話いたします! さて、本日は、主婦の神経症状・しびれについてお話いたします。主婦の場合にポイントは二つです。 ◆主婦の休業損害を適切に認定してもら…