弁護士野条健人の交通事故ノート

交通事故の被害者に役立つ情報を発信していきます!!

むち打ち症状

話しやすく親しみやすい、安心の法律事務所です!

◆交通事故案件に圧倒的な経験数話しやすく親しみやすい、安心の法律事務所「かがりび綜合法律事務所」は大阪市西区にある弁護士事務所で、四ツ橋駅から徒歩3分、本町駅から徒歩5分の便利な場所に立地しています。代表弁護士・野条健人は独立する前、交通事…

素因減額に関する近時の裁判例ー脊髄損傷に関する事例の検討ー

こんにちは! かがりび総合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、素因減額に関する近時の裁判例ー脊髄損傷に関する事例の検討ーと題して素因については検討していきたいと思います。1 はじめに 素因減額に関する議論は、素因減額自体の可否から、減額…

交通事故による神経症状、後遺障害申請

こんにちは、かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!今回は、交通事故による神経症状、後遺障害申請についてです。 kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com さて、12級13号が認…

後遺障害14級9号と外傷性の異常所見について

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、後遺障害14級9号と外傷性の異常所見について、です。 この問題で多くの方が悩まれており、当職も被害者さんの状況を見てはいつも無理しないで欲しいという気持ちと何とかしてあげたい…

インタビュー記事になります

「自分が依頼者の立場なら」常に依頼者と同じ目線に立って寄り添い、ベストな解決を目指す 法律研究部に司法試験予備校…法律を学ぶことに没頭した大学時代ーー弁護士を目指したきっかけや理由を教えてください。 実家が小さな町工場を営んでいて、子どもの頃…

成功事例★【事故後に被害者が減収はあまりないが後遺障害逸失利益が認められたケース】

成功事例★【事故後に被害者が減収はあまりないが後遺障害逸失利益が認められたケース】第1 はじめに Xさんは追突事故に遭い、頚椎損傷等の傷害を負い、後遺障害12級13号に認定されました。Xさんは配達業の従業員でしたが、交通事故により減収はありま…

交通事故により昇給がなくなった損害

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、交通事故により昇給がなくなったこと、昇級遅延の影響による減収をどのように考えるか、についてです。 一般的に、交通事故による影響があるのか、断定しにくいので、昇級遅延の影響によ…

むち打ち事例 後遺障害14級9号 100万円近く増額したケース 再アップ

こんにちは! かがりび綜合法律事務所です。解決事例になります! むち打ち事例 後遺障害14級9号 100万円近く増額したケース依頼主 40代 男性 後遺障害等級認定慰謝料・損害賠償人身事故野条 健人弁護士からのコメント◆ むち打ち症対策で実績があります━━━━━…

むち打ち症のことでの法律相談

こんにちは! かがりび綜合法律事務所です。 むち打ち症のことでの法律相談なら、かがりび綜合法律事務所にご相談ください! ◆ むち打ち症対策で実績があります ━━━━━━━━━━━━ 交通事故によるむち打ち症でお悩みの被害者様救済で実績があります。 むち打ち症…

むち打ち事例 後遺障害14級9号 100万円近く増額したケース

むち打ち事例 後遺障害14級9号 100万円近く増額したケース こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害等級認定14級9号の事例についてお話いたします! kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-kotsujiko.hatenablog.c…

筋反応、神経症状の発症や推移を合理的に説明できる場合とは?

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、神経症状14級9号にいう、神経症状の発症や推移を合理的に説明できる場合とは、どういう場合なのか、についてお話していきます。 まず、結論言いますと、これはなかなか悩ましい、答え…

◆むち打ち事例 後遺障害14級9号 160万円近く増額したケース 依頼主 40代 男性

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! ◆むち打ち事例 後遺障害14級9号 160万円近く増額したケース 依頼主 40代 男性 ◆後遺障害等級認定◆慰謝料・損害賠償人身事故◆野条 健人弁護士からのコメント ◆ むち打ち症対策で実績があります ━━…

後遺障害14級9号の獲得についてお悩み

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 後遺障害14級9号の獲得についてお悩みの方が多いかと思います。こればかりは事実関係が重要になりますが、私見をメモ書き程度に残していきます。 1 事故発生状況の確認の重要性 まず、事故発…

11級の脊柱変形での労働能力の喪失自体

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^_^ さて、交通事故の後遺障害逸失利益については被害者の職業、神経症状その他の症状の有無及び内容等を総合的に考慮して判断することになることはこれまでにも述べてきたとおりです。 <後遺障害…

◆【解決事例】【14級9号に認定されて、約320万円の事例】

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 交通量も多くなり、交通事故も増えてきていると聞いています。交通事故で被害に遭われた方、ご家族の方、ご無理なされないでくださいね! これまでご家族の方も疲弊してきた交通事故をみてきまし…

スパーリングテストとは

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! さて、本日は頸椎捻挫の際の後遺障害14級の獲得ポイントです!これについては以前にもお話させていただきました! kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com そのなかでもスパーリングテストやジャクソ…

むちうち症における後遺障害認定について

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 交通事故でのむちうち症における後遺障害認定について、つらつらとメモ書きを書いています。あくまで私見なのでご参考程度にお願いします。 むち打ち症における後遺障害認定 1 傷病名 診断書に…

交通事故での入院付添費

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、交通事故での入院付添費について、です! さて、入院付添費はどのような場合に認められるのかが問題となります。 実務では、医師の意見、または受傷の部位、程度、および被害者の年齢な…

保険会社代理店で保険研修しました!

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 先日、保険会社代理店で保険研修を行いました! その際に用いた研修レジュメを共有しておきます。 保険の種類がわかれば交通事故の補償ルールもよくわかっていきます! ・被害者→加害者(加害者…

後遺障害での労働能力喪失期間の終期は、67歳までではないのですか?

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害での労働能力喪失期間の終期は、67歳までではないのですか?不当に期間が短くされる理由はないということです! テーマが長くなりましたが笑、交通事故の被害者側で事案を扱って…

14級9号での解決事例 300万円で示談したケース

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害等級14級9号神経症状について後遺障害が認められ、約300万円の金額で合意したケースです! さて、かがりび綜合法律事務所では、あまり広告数も多くは出していませんが、それでも…

【解決事例】【整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^^ 本日は、過去に野条が取り扱った解決事例のなか、【整骨院治療を否認され訴訟に至ったケース】訴訟提起する前より大幅に金額も増額した形で勝訴的和解をご報告いたします。 むちうち症状につい…

解決事例 最終的には300万円近く示談解決事例 50代男性 専業主夫

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、解決事例 最終的には300万円近く示談解決事例 50代男性 専業主夫の方の事例をご紹介いたします。 kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-kotsujiko.hatenablog.com kagaribi-…

いわゆる鞭打ちの際での頸部受傷で の後遺障害等級14級9号

こんにちは!かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です!さて、本日は、いわゆる鞭打ちの際での頸部受傷での後遺障害等級14級9号に該当性についてです。神経症状における後遺障害14級9号は鞭打ち障害でよく検討される問題です。<神経症状での解決事…

神経症状であればかがりび綜合法律事務所までご相談ください!

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です^_^ ◆ むち打ち症対策で実績があります ━━━━━━━━━━━━ 交通事故によるむち打ち症でお悩みの被害者様救済で実績があります。 むち打ち症は、交通事故の立派な後遺症です。しかしながらレントゲン撮影…

慰謝料が裁判所基準より増額される場合?

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 入通院慰謝料や後遺障害慰謝料は裁判所基準(弁護士基準)が定められており、原則としてはこれをベースに検討がなされます。このため、これらを増額した慰謝料で解決されることはあまりありません…

鎖骨変形の場合、労働能力喪失期間、喪失率はどのように算定すべき

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 鎖骨変形の場合、労働能力喪失期間、喪失率はどのように算定すべきかが問題となります。 鎖骨は欠損していても肩関節の可動性や日常生活動作に重大な影響はないといわれていることから、労働能力…

後遺障害等級12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! さて、本日は、後遺障害等級12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」についてです! そもそも、後遺障害等級12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」とは、一般的に神経系統の障…

【コラム】後遺障害逸失利益における労働能力喪失率、14級9号で5%以下で主張されているとき

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です! 本日は、後遺障害逸失利益における労働能力喪失率、14級9号で5%以下で主張されているとき、です!(タイトル長いですね笑) さて、後遺障害逸失利益については、これまでも説明してきました…

解決事例 横断歩道を走行していたのにいきなり過失があるっていわれた場合【当方過失なし・慰謝料満額・休業損害満額で示談成立】

こんにちは! かがりび綜合法律事務所代表弁護士の野条です。 本日は、解決事例 横断歩道を走行していたのにいきなり過失があるっていわれた場合【当方過失なし・慰謝料満額・休業損害満額で示談成立】 についてお話いたします。 昨今、自転車事故についての…